日経225先物はCFDを使わないと損!トクする証券会社の選び方 TOP

日経225先物取引にCFDが一番良いメリット

 日経225先物を取引・または考えている人は多いかと思います。今までは、そのまま日経225先物または大証の日経225miniでの取引しかありませんでしたが、選択肢として、CFD取引も出てきました。
 CFDのメリットは、全般的な取引条件、手数料は無料でスプレッドも7円~、取引時間は、東京時間だけでなく、シカゴのCME日経先物、シンガポールのSGX日経先物など、ほぼ24時間取引ができます。それでいて、取引単位も低く1単位からの取引も可能です。

  CFD 日経225先物 日経225mini
手数料 無料 210円~ 21円~
スプレッド 7円~ - -
取引単位 1単位 1000単位 100単位
取引時間 ほぼ24時間
(証券会社により変化)
前場 9:00~11:00
後場:12:30~15:10
夕場:16:30~20:00
前場 9:00~11:00
後場:12:30~15:10
夕場:16:30~20:00
レバレッジ 10~200倍 10~30倍 10~30倍

日経225先物に有利な証券会社ランキング

ランキング1位
ひまわり証券
業界最大手、CME日経225先物の円建て・ドル建て、 SGX日経225先物と24時間取引ができる。その他、ニューヨークダウ、ドイツDAX、イギリスFTの株価指数、日本株にも10分の1の値段で取引可能
ランキング2位
DMM証券
取扱い銘柄数は4銘柄と少ないが、日経225先物の手数料無料、スプレッドが7~9円と取引コストがとにかく安い!
ランキング3位
FXオンライン
CFD取扱銘柄数の多さに自信。日経225のほか、ニューヨークダウ、S&P、ドイツDAX、南アフリカ、オーストラリア、台湾、香港、中国、韓国の市場も取引可能
あいうえお経済